【食べログに魂を注入せよ!】

2019.4.22 食べログ

「ルートアンドアクティベーションにお金を払えば、後は南川さんがアクセスを上げてくれる」
そんな「仏作って魂入れず」みたいな考えで上手くいくはずないでしょ。
もちろん、商売としてやってくれますよ。
でも、自分のお店でしょ?
南川さんに全てお任せ、後はよろしく!みたいな放任でいいの?
成果が出ないのは南川さんが悪い!でいいの?(そんなこと言っているクライアントはいないけど、例えばの話ね)

もっと、血眼になって隅々まで「これでいいのか?」と舐めまくるようにチェックを続けないと。
売る側の視点じゃなくて、お客様視点で。
・コンセプトに合ってるか?
・「らしさ」が出てるか?
・魅力や差別化、価値が伝わるか?
・ブランディングになってるか?
・ターゲットと利用動機に合致しているか?

要は私がいつも言っているように、「実は・・・を出し尽くせ!」ということ。
それは、全てのSNSやHPも同じ。
私もプロの濱中さんに良いHPを作ってもらったけど、「もっとこうすべきだ!」と私が感じたことをどんどん伝えて、立ち上げたときとは相当に変わってますよ。
ブログのデザインもそう。
今でも「どうすればもっと良くなるか?」と常に見ています。
経営者に他責はありません。
自責のみ!
食べログ(ネット系全て)に魂を注入せよ!

 

お問い合せは以下よりお願いいたします。

*は必須項目です。

お名前*
メールアドレス*
お問い合せ内容*

 

関連する記事

最近の記事

河野祐治の著書

3か月で「儲かる飲食店」に変える本
売れまくるメニューブックの作り方
繁盛本
儲かる飲食店の数字